CASE導入事例

  1. 待合ナビ
  2.    導入事例
  3.     とうじま内科・外科クリニック(内科・外科)

導入事例

充実した待合室作りが要
デジタルサイネージもその柱の1つ

どうしてサイネージを導入しようと思われたのですか?

開業準備の際、充実した待合室作りが要になると考え、注力しました。
患者さんにくつろいでお待ちいただくために、カフェ風の待合室にしたり、Wi-Fi環境を整備するのはもちろんのこと、流行の週刊誌・月刊誌も数多く用意したりしました。

古いポスターが壁に沢山貼ってあるような“旧態依然の医院”と差別化を図りたかったのです。
他の業界ではごく普通である、デジタルサイネージによる情報発信は、クリニックにこそ必要不可欠なツールと考えて、導入しました。

なぜ待合ナビを選ばれたのでしょうか?

1つは、日経の「待合くん」という、バラエティー豊かで質の高い番組を数多く使えること。
もう1つは、ホームページでの情報更新を随時「待合くん」で発信してもらえることです。

専門として行っている医療に関しては、自院の実績を常にアップデートしていくことが大切と考えています。
しかし、院長が待合室での情報を見ることは、ほとんどありません。診察しているからです。

だからこそ、ホームページと待合室での情報を一元化でき、毎週/毎月自動で情報を更新してくれる待合ナビを選びました。

サイネージを導入していかがでしたか?

「待合室で知ったのだけど、ここで○○してもらえるのですか?」と、診察室に入ってきた患者さんからよく言われます。
特にご高齢の患者さんはホームページをご覧になっていません。せっかくいい情報をホームページで発信していても、常連の患者さんが知らないのでは残念です。
そういった患者さんに情報を届けられるのが、とても良いと思います。

愛知県名古屋市( クリニック 内科 外科 消化器内科 )ディスプレイ:既存ディスプレイを活用 放映台数:1台

その他の院長先生の声

  • 愛知県名古屋市( クリニック 内科 外科 消化器内科 )
  • 広島県広島市( 内科 消化器内科 )
  • 愛知県名古屋市( クリニック 眼科 )
  • 愛知県岩倉市( クリニック 整形外科 )

日経ヘルスケア誌掲載 弊社導入レポートのご紹介

下記リンクをクリックして頂くと、それぞれPDFファイルで開きます。
※PDFファイルが閲覧できない場合は、こちらをダウンロードしてください。

CONTACT制作のご提案依頼・
ご相談・お問い合わせ

「待合ナビ(デジタルサイネージ)について」とお伝えください。
担当者におつなぎいたします。